多汗症と軽度のわきがはボトックス注射で治療できる

多汗症は、日本人の多くが悩む症状です。しかし、その悩みはなかなか口に出すことができず、ひとりで悩んでしまう事が多いのでとても辛い悩みのひとつでもあります。メスを使わないで行うことができる手軽な多汗症、軽度のわきが治療として人気のボトックス注射について調べてみました。

ボトックス注射の特徴とメリット

多汗症の治療の中でも、メスを使わないボトックス注射は人気の治療法です。ニオイのもとになるアポクリン腺や汗のもととなるエクリン腺の働きを抑えることによって、汗と臭いを抑えることができるのがこの治療です。
交感神経の末端で発汗を促しているアセチルコリンの分泌を、ボトックスを注入することによって抑制して、過剰な汗をブロックすることができニオイも抑えることができます。
脇に注射を打つだけなので、10分程度という短い時間で終わるのも特徴です。効果は個人差がありますが、半年間持続するので、軽いわきがの人ならばボトックス注射を1年に2度打つことで気にならなくなります。
繰り返し注射を打つことによって、アポクリン腺とエクリン腺の働きが弱くなることもあり持続期間が長くなったりもします。

ボトックス注射のデメリット

注射を打つだけで多汗や軽度のわきが治療ができてしまう、ボトックス注射にもデメリットはあります。
治療方法が注射なので、わきに1週間~2週間程度続く内出血ができてしまう可能性があるということです。
妊活中、妊娠中、授乳中には治療ができません。妊活中については、女性だけでなく男性も注射をしてから3か月間は避妊する必要があります。
そして、効果が半永久的ではないという事もデメリットになります。

まとめ

ボツリヌス菌の毒素から生成されたボトックスをわきに注射するだけで、多汗症や軽度のわきがならば気にならなくなるという治療法のボトックス注射は、効果が継続する期間がおよそ半年と短めではありますが、10分程度の時間で治療当日から普通の生活ができるのでわきがに悩む人にとってはうれしい治療法です。保険適用外の治療なのでかかる費用は少々高いですが、自分に有効な治療法なのかお医者さんに相談してみて悩みを楽にしてみてはいかがでしょう。